メンがヘラる前に断捨離しよう

気がつけば「疲れた」と口に出す年頃

最近気がついた事ですが、なんだか「疲れた」って声に出しちゃうことが増えたんですよね。家に帰って「あ~疲れたあ~」と1人呟く。こんな毎日を過ごしています。

以前は仕事のストレスや嫌な事を毎日のようにゲームで発散していましたが、最近は疲労が溜まりすぎてるのかな。

 

ゲーム本体のスイッチを入れる気力がなくなりました。

 

これはいかん。

長年ゲーマーを自称してきましたが、いよいよゲームのスイッチもいれないし、スマホゲームにも手を出さない感じ。

このままじゃメンがヘラる!

なんとかせねば!!

 

余裕がないと何も出来ない現実

今月、大阪で大学時代の友人たちと遊んできまして。そのときの記事がこちらです。

shiorin.hatenablog.jp

私の場合、仕事→友人たちと合流→仕事の接待→翌日友人たちと再度合流なんて無茶な計画を立てておりまして。それでも8年ぶりに大阪で合流した友人達とは楽しい時間を過ごせました。

 

でもね。

途中でメンヘラる出来事がありまして。

あれこれは割愛しますが精神的なダメージが大きかったのかな。もうね、色んなストレスが思いっきり体に現れまして。

 

接待終了後フラフラしながら宿泊先のホテルに到着。

持参した体温計で熱を測ると38度を超えていまして。

f:id:shiorin30:20170720202720j:plain

※実際の当日写真がこちら。

 

即本日行動を共にしていた友人達に連絡しましたよね。

「なんか熱が出た! 熱が下がらなかったら明日朝1病院行ってくる」

旅行先でまさかの発熱。

しかも汗が止まらないし、喉も乾く。体はダルイ。1日歩き回ってとりあえず汗も流したい。

そんな事をぼんやりと考えながらユニットバスにお湯をためて、お風呂に入り。

水分も補給して再度熱を測ると――。

 

39度超えていました。

 

もうね、絶望です。

自宅だったらまだ良いものの、宿泊先のホテルですよ。しかも1人。1人だったのもアレコレ理由があるんですけど、まあメンがヘラる原因の1つだったんですけどね。

 

39度はさすがにしんどい。

23時30分位だったかな。もうね、熱を測って絶望した!!とりあえずもう寝ようと持ち歩いている解熱鎮痛剤を飲んで就寝。

 

翌朝になっても熱は下がらず、旅先で朝1病院を受診するという事態になりました。

 

心のダメージが体に現れる体質

うすうす実感はあったのですが、どうにも心のダメージが体調に現れやすい体質でして。自分自身はセンシティブモンスターじゃないと思っていても、体そのものが悲鳴を上げてダメージを訴えるタイプですね。自分自身の体ですが、たちが悪いと思っています。

 

ストレスを受ける→心理的にはまだ大丈夫と思う→体が悲鳴をあげる

 

この繰り返しですね。

思い返せば子供時代から、プレッシャーやストレス強度が強い日に限って高熱が出る事がしばしばありました。小学校低学年の頃だったかな。テレビ局系の合唱コンクール当日に高熱を出したり、珠算検定の日に高熱を出したり。高校時代に受けた国家試験当日も発熱したり、別試験のための学内合宿でも高熱出して途中リタイアしたり大学の実技試験当日に……うん。基本ストレス負荷が高くなるにつれ、高熱が出るタイプのようです。

 

メンがヘラる前に断捨離しよう

大阪旅行から数日後、旅行メンバーで写真を共有したりしながら話をしておりまして。その時に出た話題が「断捨離」についてです。

私自身部屋の片付けが苦手です。ええ。断言できます。放置していると部屋に荷物が溢れちゃう。だから定期的に洋服は宅配買取りに出すし、不用品はセカンドストリート等で買い取ってもらっています。漫画やオタク関連のあれこれは駿河屋ですね。急ぎの買取りには不向きですが、査定に時間がかかっても良い人はネット買取りがオススメですよ。

そんな【THE・片付けられない女】ですが、周りの友人たちも荷物が多い系の女性ばかりでして。まさに類は友を呼ぶ!

ですが、友人の1人に断捨離成功者がおりまして。彼女曰く「メンがヘラってきたら荷物を減らせ!!目に見えてスッキリする事をしよう!!」と助言を頂きました。

確かに仕事から帰ってきて、散らかっている部屋の惨状を見るとテンションも下がります。現在進行形でテンションが下がります。

そんなテンションダダ下げ(古い)状態で毎日暮らしていると、そりゃメンがヘラるというわけでして。断捨離先輩な友人から「まずは洋服から手をつけなさい!結果が出やすいから!!」と熱烈指導を受けて、洋服ゾーンから手をつけました。

 

これが1週間前の話です。

1週間が経過した現在ですが、まったくもって洋服の量が減りません。

 

まってまって。今年引っ越す時に結構な量の私物を処分したんだけどね。既に荷物がまた溢れてるってどういうことだろう。自分でも謎すぎる。友人からの「洋服ゾーン推し」に従い作業を進めているんですけど、なかなか進まない。洋服ゾーンが終わると、次は恐怖の雑貨品ゾーンが私を待っている……!!

 

こんな風に、ひとつずつ断捨離をしていって、最後には人間関係も断捨離出来れば心も軽くなるよというありがたい名言を頂きました。捨てる事に罪悪感を持たないメンタリティーも大切。意識低い系かつギリギリで生きている感満載ですから、まずは荷物の断捨離・第一形態の「洋服ゾーンを片付けろ」から実行します。

 

さあ……

 

キリステロならぬカタヅケロ。 

 

 

 

 

 

Wiiプレーヤー vs 幻の海トラシュカ

私、Wiiプレーヤー。

幻の海トラシュカで、表示の限界と戦ってみる。

 

f:id:shiorin30:20170715094131j:plain

誰だ数日前に「私のDQ10ライフはこれにて完全に終了です」とか書いた奴~。

まあね、ストーリーやサブクエを追いかけることはもうありませんが……。

 

なにやら今年初めて開催されたイベントがとっても楽しいと聞きまして。

乗るしかないこのビッグウェーブに!!

海だけにねっ!!

そんなこんなで貴重な平日休みを利用して、16時~18時の"キッズタイム"(利用権を購入しなくても遊べる時間帯)に遊んでみましたよ。

 

7月15日現在盛り上がりを見せている「幻の海トラシュカ」とはこんなイベントです。

hiroba.dqx.jp

 

Wii最大の敵はマップの表示

Wii最大の敵は、やっぱり表示の問題でした(結論)。

いや~学生時代からかな。先に結論を提示しろなんて教育を受けた世代なもので、先に結論を書いちゃうとそれ以上報告することないな~って思う事山の如し。

私が愛用中の通称:壊れかけのWii

こちらですね、相変わらずゲームをプレイし始めると本体から『ブオオオオオオオオンンンンッ!!』って異音がします。いい加減Wii本体が無理っていってる。

『らめえええええっ!!これ以上は無理だよおおおおおおっ!!』って全力で宣言してる。

そんな異音にも慣れちゃいまして『ちょっとだけ!!先っぽだけでいいから!!』と同じノリで過ごす事早数ヶ月――。

 

とりあえずWiiは無理して頑張っている模様です。

 

ネタバレしない程度に今回のイベント内容を報告すると

  • 8人PTで遊ぶけれど協力プレイではない
  • 障害物を避けて得点アイテムを拾い集める
  • ボンバーマン的なゲーム

こんな感じの内容になります。

コントローラー操作もカメラ切り替え+キャラクター移動のみと実にシンプル。

ルールがわかれば小さなお子様でも十分遊べる内容です。

シンプルだからこそハマる要素も満載なんですよ~

幻の海トラシュカ楽しいよ!

 

Wiiプレーヤーは ばくだん岩を 避けた!

と思ったら おもいっきり 被弾してた!!

Whta's a Day!!

 

f:id:shiorin30:20170715105338j:plain

こちら幻の海トラシュカで一定条件をクリアするとゲットできる報酬です。

イカ焼きプリズム。

この手のアイテムって有料販売が多かったので、無課金勢にも嬉しいアイテムですね。

イカ焼きプリズムに乗っているプレーヤーに対して、

「うわぁ……なんか……イカくさそう……。」

とかは別の意味でケンカが起きそうなので絶対に言ってはダメですよ(苦笑)。

 

f:id:shiorin30:20170715105810j:plain

ちなみにこちらは有料販売品です。

 

hiroba.dqx.jp

 

悔やまれるのは、今回のようなイベントを。

DQ10プレーヤーが別ゲームに大量移籍前に開催してほしかったなあと思う事。

 

フレさんやチームでワイワイ遊ぶと楽しいよ!

私もフレンドさんのランキングを見て「すごーい!!22万超えてる!!」とか「●●さんに負けちゃった~私も頑張ろうっ!!」って思いますもん。

 

負けず嫌いなWiiプレーヤー。

最大の敵は、相変わらずWii表示の限界です。

 

ダークキング4とかメイブ4を打ち消した時みたいに、カンでなんとか障害物を避けたい所存です。

(足ひっぱっている勢の感想。)

 

空き時間をみつけては、しばらく幻の海トラシュカに引きこもりたいと思います。

 

そんな私の最高スコアは11万ちょっと

 

全然ドヤれるスコアじゃありません。

黄金のいか焼きプリズムもまだゲットしていない勢。

 

大丈夫。

まだ泣いてない。

 

フレンドランキング内でトップコア目指して頑張ります( • ̀ω•́ )✧

 

真面目にセックスを考えてみる

最近熱帯夜が続き、なかなかと寝つきが悪い日が続いています。

帰宅後、自宅のエアコンのスイッチをオン。同時に窓の換気も行いつつ、室温と湿度を快適ラインまで下げるものの暑いものは暑い。

そんな深夜帯にね、ぼーっと考え事をしていました。

深夜帯ですからね。

時間相応の事を考えておりまして。

 

真面目にセックスの話を書きたいと思います。

 

はい。

アラサー女性・致した経験人数は片手で納まる程度という、そこそこ平均的な日本人女性かと思っています。

サンプリング数が少ないとか言わないで(苦笑)。

 

 

正しいセックスって何だろう

ふと思ったんですよ。

「正しいセックスって何だろう」ってね。

ちょっとまってちょっとまってオーディエンス。

考えた事ありませんか?

正しいセックスって何だろう。

セックス=性行為として記載しますが、性別を超えて愛と欲求を確認するための行為ですよね。+種の保存。本来の目的は、精子卵子が出会い、奇跡的に受精し、女性の体内で受精卵を育て出産し、次の世代へと子孫を残すための行為かと思います。

で、ですよ。

とても真面目にセックスについて考えてみましたが、交際期間中は上記内容が全てではないですよね。愛情を確認するため。結婚前に体の相性を調べるため。なんとなく。ストレス発散のためなどなど。セックスすることに理由がいるかと言われれば、まあなんとなくノリで?と答える男女が居てもおかしくないなあと思うわけです。

 

さらに「セックスフレンド」という言葉もありますから、致すことに特化した割り切った友達関係という関係がなりたっている人もいるわけです。

性の多様化は進んでいるのに、正しいセックスについて触れる機会がない。しかも話題に出すと、家庭によっては凍りつく内容だし、親によっては「ちょっとアンタ何言ってんの?!」と言われかねない永遠の議題No.1

なのに大人になってくると、親世代や周囲の無関係な人達からやれ「結婚はまだか」「子供はまだか」と催促されるわけですよ。

 

「だったら自分が育てている子供が小さいうちから、正しい性教育を学校だけじゃなく親たちがきっちり行え!!」って今の年齢になって思うんですよね。

 

正しい致し方について学んだ経験0説

ふと思ったんですよ。

小学校3年生か4年生頃に性教育の授業を受けた記憶はありませんか?

私の小学生時代(軽く20年前)を思い出しても、たぶんこの位の年齢だったかな。

男女別に教室分けをして、女子生徒だけに生理用品を配られた曖昧な記憶。当時配布されたのはロリエだったなあ……公立の小学校に通っていましたが、大人になった今ですね。あの手の配布物も入札で落札した業者が卸していたのかな~とか色々違う方向に考えてしまうわけです。ええ、職業病の1つと自覚があります。

話を戻しまして、例の「男女別の部屋で行う性教育について。

こちら私のおぼろげな記憶を辿ってみたところ、

  • 女性の月経開始時期について
  • 月経中に起こる体の変化と対処方法(生理用品の使い方)
  • 月経と妊娠のメカニズムについて

ざっくりとこの3本柱で45分授業だったかと思うんです。

今はどうだろう。

 

確かに判るんですよ。

急に学校で初潮を迎えるとパニックになりますよね。良い感じにアラサーの私も、職場とかで予定外の月経や不正出血に襲われるとパニックに陥りますもん。数年前に職場で盛大な不正出血起こして「なんじゃこりゃああああああっ!!」ってなりましたもん。往年の松田優作氏だってびっくりのなんじゃこりゃ感。

 

そんな感じで性教育って、月経のメカニズムを知るためや、男女それぞれ体と心を守るためにも大切だと思うんです。

 

でもね。

当ブログを読んでいる大人の皆さんは、よーく小学生時代を思い出してください。

 

ちんのもの(男性)が、まんのもの(女性)と合体して子供を作るって教わりましたっけ?

 

セックスだけにつっこんだ話をすると、ちんのもの(男性)もまんのもの(女性)も準備が出来ていないと、致す時に激痛が走るとか。

そもそもちんのものとまんのものが合体するためのアレコレって、どこで知識を仕入れてくるんだって事ですよね。

記憶を辿る限り、小学生時代は精子卵子が出会って受精卵となる。精子は男性が持つ精巣で作られ、卵子は女性が持つ卵巣で作られる。」こんなレベルの性教育だったと思います。

繰り返しになりますが、ちんのものとまんのものの出会い、そして合体・融合について、学校の授業範囲内では触れた記憶は0であります。

 

オルフェンズでさえ子供を作る番組だったというのにね

私もはまりにはまっていた機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ

子供同士が子供をさらっと子作りしちゃって、大人ポジションのメリビットさんもびっくりという衝撃展開がありましたね。気になる方は、当ブログにも放送当時の衝撃を綴っていますので興味がありましたらどうぞ。

 

shiorin.hatenablog.jp

 

オルフェンズの世界観で説明すると、三日月とアトラはいわゆる"勉強をする環境が整っていなかった子供たち"となります。でもね、知ってるの。子作りの方法、2人とも知ってるの。しかも子供……出来ちゃった。

 

はい。考えよう。

1度筆を止めて考えよう。

 

ということはですよ?

アニメの世界も含めてですが。

現実世界でも1万年と2千年以上前から祖先となる人類が子孫を残してきたからこそ、現代を生きる私達がいるわけです。急に壮大な話になりましたが、簡単に言えばそういうことですよね。

で、1万年と2千年前かな。創世のアクエリオン的な世界なのかな。きっとこの頃も、性教育として親から子供に教えることってそんなになかったと思うんですよ。

なんか~年頃になったら?自然と男女が出会ってアレコレしちゃう的な。主の保存は遺伝子レベルに組み込まれているから、詳しく教えなくても流れでなんとかなっちゃう的な?

 

私個人が感じている意見として現代社会において「結婚・妊娠・出産は個人の自由」と思っています。種の保存という意味も含め、あくまで双方合意の上での性行為という意味で受け取ってください。

※犯罪が絡むことは別!犯罪はダメ絶対。

 

種の保存=本能レベルで、ちんのものとまんのもの(以下省略)のアレコレが私達の記憶にインプットされているとしてもですよ。

その行為が男女共に独りよがりになってはいけないし、相手を不快にさせるものではいけないと思うんですよ。

 

Twitter村を眺めていて感動した

TLを眺めていて、とある女性のツイートを読み「ああ!これだ!!」と思いました。

引用する形で紹介します。

 

私風俗嬢で万単位の接客こなしてるんだけど、人間性がまともで人権意識がしっかりしてる人とそうじゃない人達がいて、そうじゃない人達は下手くそ、痛い、不快なプレイばっかりでみんな同じようなことするのね。

 

その「同じようなこと」がまさにAVやエロ漫画の描写そのものなんだわ。

 

「影響を受けているお客さん」に痛いだとか不快だとかを伝えると「他の子は気持ちいいっていうよ?(Twitterでいうクソリプ)」「仕事のしすぎで痛いんじゃない?(クソリプ)」「仕事向いてないんじゃない?(クソリプ)」「痛いなんて言われたことない(クソリプ)」

 

風俗業界では「関節の曲がる方向が理解できてない」「女性の体に肘をついて体重をささえる」なんかも下手くそあるあるなんですけど、こういうのも自分が見たい所しか見えてない想像力の足りない人達だからですよね。

 

全文掲載したいレベルで共感中!!

特に最後!!

「女性の体に肘をついて体重をささえる」ね!!

 

これきつい!!

私も経験あるし、自然と体をそらして自衛していたけど、男性に伝えても気がついていない人が多い!!

 

うん……経験人数が片手におさまる範囲の女が何言ってんだって話ですけどね……。それはそれ、これはこれの精神大切。

 

同様に、男性も女性に対して不快に感じた事はたくさんあると思うんですよ。私はまんのものなので、聞いた限りになるのが申し訳ありませんが。

例えば女性が男性自身のビッグマグダムをお口で遊んでいる時に、女性が慣れていないと歯を立てられて痛い思いをしたという話だったり。口じゃなくて手遊びっていうのかな。それでも男性が触れられて「おぅふ……気持ちいい……」じゃなくて「ちょ!待って!それ痛いから!空気読もう。ちょっと止めて?」ってなる事もあると思うんですよね。

女性も悪意があるわけではないそうですが、実際に男女で合体する時に女性から「え?入った?」と言われて自身のアレの自信を失くしたり。そんなエピソードを聞きまして、女性だけがセックスに対して被害者意識丸出しにするのもおかしいかなって思うんです。

 

「私、冬弥くんと寝たの。」by-緒方理奈

深夜に眠れず真面目に考えたセックス議論。

実質現在23:45位から15分程度ですが、まあ寝る前に真面目に考えちゃいましたよね。

 

結局、正しいセックスの致し方ってなんだろうって。

 

私も立派なアラサーとなり、人並みに経験はあるものの「正しいセックスについて説明せよ」と言われると、自分の行為が正しいのか疑問が残ります。

 

性観念については個人差がありますから、現代においても人によっては貞操観念が高い系の人もいるでしょう。初体験=結婚と同時にという考え方も良いと思うし、多くの体を味わった上でテクニックを磨きたいと思う人もいるでしょう。

性の多様化・性の自由を歌うのであれば、全てを受け入れる必要がありますよね。

 

と、なると。

 

結局はセックスについて正解はないのではないか。

 

双方……うん。人によっては3だったり4だったり乱交パーティーだったりさ、いろいろあると思うんですよ。もうね、こちとらガチノーマルですからね。2以上の経験がないわけですよ。もうね、割り切れない数字が出た時に「待って。計算して余り1になってる人は、どんな風な気持ちや体勢でスタンバイしてるの?」って頭の中がプチパニックになりますからね。

もちろんアダルトビデオや年齢指定のある漫画やアニメでは、プレーヤー人数が2どころか、3だったり4だったりそれ以上だったりするわけです。中には軽くPT同盟組めちゃう感じの大乱交スマッシュなんとかかんとか的なシリーズだってあるわけです。

 

ここまで書いて、私自身も気がつきました。

ああ、アダルトビデオや年齢指定のある漫画やアニメの影響を、少なからず受けている一面もあるな。なんてね。

 

全てを規制しろとも思いませんし、男女ともにどこかで知識を仕入れる必要はあると思うんです。過剰すぎる表現は規制も必要と思いますが、何をもって「過剰演出」なのか。基準になるものが明確になっていないから、偉い人の匙加減1つで決まっちゃいますよね。基準を決める人が、いわゆる"特殊性癖"の持ち主だったら――?

ほら、性行為や性教育が大切って口が酸っぱくなるほど言われてきたのに、なんだか明確な答えを求めるとごにょごにょした感じになっちゃいますよね。

 

子供だって何も知識がないまっさらな状態から、少しずつ性の知識を取り入れて、大人になっていくものだと思います。

子供時代に取り入れた知識を、早ければ中学生か高校生頃の年齢で実践する。実践する年齢に個人差はあれど、いざ実践を重ね「あれ?この知識って間違っていた?!」と気がつけるうちが幸せなのかもと思います。

 

人が人として生きる上で大切な内容なはずなのに、なぜかタブー視されるセックス問題。

私個人もブログに記事を書きながらも、現実世界の友人達と具体的なセックスの話が出来るかと言われれば答えはNO

20年来の付き合いがある女友達と「女性は30歳になって筋肉が落ちるとアレコレだから、アナのインナーマッスル鍛えなきゃ」とか、実際に話せてこれが限界レベルでした。

 

難しいなあ……。

なんだろうね。中学生位になると「ちんのものとまんのものの合体方法位知ってるでしょ?」的な雰囲気に急に変化するあの現象。学校の教員も「多分生徒達が知っているであろう」という前提に性教育を始めるアレですね。

確かに知識としては知っているけれど、それもどこかで"知識"を仕入れているんですよね。

うーん。今はインターネットで簡単にさまざまな合体シチュエーションが検索できる時代になっています。職業として、プロとして。企画から構成や魅せ方を考えている「作品」と現実世界での「致し方」が、ごちゃ混ぜになっている人が少なからずいると思うんですよね。

 

危ない危ない。

 

そんな私も最近になり、PS4WHITE ALBUM(初期)をプレイしました。こちらは全年齢対応版かと思います。

初体験ながらにメインヒロインから主人公(彼氏)を職場で寝取り。しかも「私、冬弥くんと寝たの。」なんて堂々と宣戦布告できる緒方理奈ちゃん(CV:水樹奈々さん)ってすごいなあと思いました。

「知らんけど」という魔法の言葉

数日前に、大学時代の友人達と数年ぶりに再会しました。

 

大阪で。

 

ええ。ちょっと事の流れを聞いて頂きたい心境でしてね。

母校は東京都内にありまして。一応これでも何のイタズラなのか神様の気まぐれなのか。ほんと一応ね。私自身がダメ元で受験したら受かっちゃった系の国立大学出身者なんですよ。人生何が起こるか本当謎。

で、大学卒業後は、それぞれが好きな事を頑張ってる感じでして。

東京都内で働き続けた者(私)だったり、地元(大阪)に帰って就職した友人だったり。就職後の赴任先が九州で九州在住になったりはたまた大学卒業後すぐに海外の大学へ編入したりと、まあ十人十色な人生を歩んできました。

そんな中、私も仕事の都合で京阪神を訪れる予定が入りまして。大阪在住の大学時代の友人へ連絡すると「空き時間があれば久しぶりに遊ぼう!」という流れになりまして。さらに「○日だったら予定早めて帰国出来るよ?」と海外組から言われ「じゃあ私も有給とる~!」と九州組も加わり、8年ぶりに大阪で合流することが決定しました。

 

8年ぶりですよ?

 

2年後にシャボンディー諸島でとか話してたルフィー率いる麦わらの海賊団よりも、私達めっちゃ長いこと合流してない!

 

長いこと合流していない私達。

サンジ君がジャンプ本誌に数年間登場していない問題以上に、誰一人現実世界ですれ違っていない。他3人が個別で会っていたかと言えば、物理的に距離が離れているからそれもなし。

 

まずね、待ち合わせポイントからして間違えた。

ええ。先述したとおり、ガチなジモティーは友人1人だけ。他は都内から移動1名・九州からの移動1名・海外帰国組1名ですからね。しかも4人とも出身都道府県が違うので、大阪近郊の土地勘0。そんな4人PTが待ち合わせ場所に指定したのは――。

 

大阪駅構内です。

 

うん。待って。多分大阪府民からは「え?どうしてそこで待ち合わせちゃった?」って言われそうですが、もう少しだけ話に付き合って?

 

とりあえず4人が集まりやすい場所=大阪駅という流れで場所が決まりましたが、まず人の多さに迷いましたよね。普段新宿駅を使ってる奴が何いってんの?って言われましたが、生活の慣れってありますよね。慣れていない場所こわい。

 

判りやすさ重視で待ち合わせ場所は【JR大阪駅1F中央改札口】と言われ、時間に待機。

 

…。

 

……。

 

うん。

待っても誰も来ない!!

 

まって。少し落ち着こう。ねえもしかして、私集合場所間違えた?!ここ、大阪駅1階の中央改札口だよね?!(知らんけど)

 

ちょっと喉も乾いてきたし、近くにセブンイレブンっぽい場所も見える。

あれ?待ち合わせ場所から一瞬はなれて、セブンでキャラメル味のコーヒー買ってきてもいいかなあ?(知らんがな)

 

そうね~確かあの日は修学旅行生らしき人達もたくさんいたし、なぜか観光客っぽい人から「○○の場所ってわかりますか~?」って4回聞かれて「ごめんなさい。私、地元の住民じゃなくて……」と断る事案がありましたし。え?なんとなくジモティー感が出てた?とか思いましたけど、よくよく考えると私、待ち合わせに合流できていない迷子状態ですからね。どちらかと言えば、私も誰かに聞きたいレベル。

 

列車の遅れ等があり、どうやら私が最初に待ち合わせ場所に到着。8年ぶりの再会のせいか、最初誰か気付いてもらえなかったという悲しい出来事も経験。

最近ね、髪色を変えたんですよね~。イルミナカラーのフォレストをベースにした色でして、髪型も結構大胆に変えちゃったんですよね。最終的にスマホで動画通話しながら「あ、発見!」なんて見つかり方しましたからね。

「あ、発見!」って、ウォーリーを探せ!でウォーリー見つけた時位しか言った事がないような気がします(知らんけど)

 

「知らんけど」とうい魔法の言葉

サブリミナル効果的に使ってみましたが、長年の謎があります。

ネット上のエセ関西弁ではなくて、生粋の関西っ子たちが使う魔法の言葉がありますよね。

それが文末につく「知らんけど」

「知らなかったら言わにゃいいじゃん」と他方言民としては思うところもありますが、ナチュラルに文末に「知らんけど」が結語に着く人っていますよね。

 

「知らんけどを知らん」という方は、ぜひこちらのtogetterを読んでみてください。なんとなく「知らんけど」について判るかと思います。知らんけどね。

 

togetter.com

 

日本語は奥深いからこそ難しい

日本だけでなく、どこの世界でも抱えている方言やら訛りの問題。

特に関西方面の言葉は良くも悪くもネタになりやすいんだろうなという体感はあるものの、直接話してみるとネタになる要因もよく判るんです。

先述した「知らんけど」についても、「わざわざ知らないのにどうしてそんな事を言うんだろう。知らない事は口を出さなければいいのに」となるんですよね。

同じように、こちらのフレーズも謎ワードの1つです。

 

「ちょ、自分何なん?w」

実際の言葉には【w=草】は見えていないわけですが、他都道府県生まれ・育ちとしては、なんとなくこの言葉をリアルに言われた時にね。

「はあ?いきなり煽ってくる感じ?上から目線であなたこそ何様ですか?」

と思った事もあるんです。ええ。まだ若かりし頃ですね。

 

そんなこんなで関西って一言でまとめても、多分「○○と△△をまとめないで!」とか「●●はそうだけど××は違う」とか色んな意見があるかと思います。

うーん。関西弁とまとめて書いてはみたけれど、話し言葉の話題は難しいですよね。

とりあえず「知らんけど」「ちょ、自分何なん?w」に腹立つ事は減ったかな。

 

何気なく「知らんけど」と使っている関西弁の皆さまへ。

都道府県民としては、皆さまが思っている以上に「知らんけど」の言葉に傷つく事もあるんですよ。

 

まあ、こんな記事書いていますけどね。

私もたまには使ってみたいなって思うんですよ。

 

 

 

知らんけどの使い方を知らんけど。

 

お後がよろしいようで。

Wiiプレーヤー vs DQ10 最後の戦い

私、Wiiプレーヤー。

ようやくDQ10との戦い終了。

 

いや~びっくりですよ。なんやかんやDQ10の3rdディスク収録分(=Ver.3)本編が終了となりました。

本編=ストーリーですね。ひとまず3rdディスク収録分までのストーリーが配信終了というわけです。ストーリー本編は終了してもMMORPGなので、追加クエストやイベントは随時配信予定とのこと。

思い返せばVer.3に突入後、スカスカだのボロボロだのちゃぷちゃぷだの散々な言われようだったDQ10

そして運営から発表されたWii版サービス提供終了と、最新のDQXTVでは発表されずさらっと情報解禁となった全サーバー配信OKという措置。

 

Wii版サービス提供終了も全サーバー配信OKも時代の流れとしてOKだと思います。

ゲーム配信肯定派なので、配信関連についていわゆる私個人は『配信アレルギー』がないタイプです。

これから先あり得る話とすれば、プレーヤーが各自楽しんでいる『プレーヤーイベント』に関して、いわゆる"荒し放送"が起きてしまう可能性ですね。

現状(2017年7月8日AM10:00現在)ですが、イベント主催者の許可がなくてもプレーヤーイベント系も配信OKとなります。

ざっくりした極論ですが「主催者が配信しないでと言っても、ゲーム運営が全サーバー配信OKにしているから配信してもOK。文句は言えない。イヤだったらイベントをやめろ」となるわけでして。

 

数年前だったかな?

記憶が徐々に薄れていますが、ドラクエ10がまだプレーヤー人口も多く盛り上がりを見せていた時期ですね。当時有名な一般人ブロガー達が主催した大規模なプレーヤーイベント(花火大会)がありまして。

対象サーバーに負荷がかかり、なにやら花火だけに大炎上した過去を思い出しました。

私も当時友人に誘われサーバー25に花火を観に行ったものの、花火は全く見えないしWiiは落ちるしとあんまり良い記憶ではないんですよね。

確かこの花火大会以降、大規模すぎるプレーヤーイベントは自粛というか、自重する傾向に変わった記憶は残っています。

 

とはいえ、今回の全サーバー配信OKについては、ゲーム会社運営が決めたことです。

悪質な配信者に対して、相談窓口も設置されました。

何事も新機能が実装され、やってみないとわかんないことも多いですよね。バージョン4を含め、ドラクエ10運営は今後どのような運命を歩き出すのでしょうか。

 

というわけで、バージョン3も終了。

Wiiプレーヤー最後のストーリーについて振り返りたいと思います。 

 

※ストーリーに関する大きなネタバレはありません。

 

当記事では、ゲームプレイ中に保存した画像を使用しています。

(C)2017 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SQUARE ENIX All Rights Reserved.(C)SUGIYAMA KOBO(P)SUGIYAMA KOBO

 

 

 

続きを読む

おっぱいがいっぱい出てくる話

ちょっとおっぱいの話をしても良いですか?

 

月1更新になりつつある当ブログ。

いえね、更新していない時期も色々と公私ともにありまして。話題は尽きないんですよ。

前回更新時だったかな~。DQ10で炎上している有名ブロガー・まるすけさんの話題とか、泣けるガンダムシリーズ第1位に鉄血のオルフェンズが選ばれた話題とか。

確かにね。オルフェンズは泣けました。ええ、私も泣きました。

 

もちろん悪い意味で。

 

今でもストーリーを鮮明に思い出せますもん。オルガはあのタイミングでサタデーナイトフィーバーしちゃう?とか。結局一番強かったのは、名もなきヒットマンだったんじゃない?とかね。いや~なんだろう。なんかなあ。脚本って大切だね(苦笑)。

で、こちとらそこそこ鉄血が好きでして。キャスト陣が登壇するイベントにも参加しちゃったんですよ。イベント&上映会は楽しかった。良い意味で楽しく記憶に残りました。ですが、イベントにつきもののキャストトークになると、時々キャスト陣がコメントに困ったような表情を浮べる人もいたんですよね。当時は「あれ?もしかして……この先、何かある?!」とか思っちゃいましたけど、いざ放送が全て終わってみると全てが納得です。

今となっては「ああ……わかる。わかりみがすごい。」なんて思うもんです。そんなこんなで、オルガ・イツカ役を演じた細谷佳正さん。ゆっくりと体と喉を休めて、年内の復帰を心から待っているファンの1人です。

 

あとは何だろう……。そうそう、まるすけさんの話題ね。

DQ10の現ゲームディレクター・齋藤力さんのニコニコ生配信【DQXTV】でのお言葉を借りると「新情報はどこかのまとめサイトが(DQXTVを観ながら)情報をまとめてくれるでしょう(笑)」だそうです。

DQ10だかDQXだかわかりませんが、ディレクターがおもいっきり「まとめサイトが~」って言っちゃいましたからね。そう言うスタンスなんだろうと思いつつ、書き進めますよ。

 

ということで、まるすけさんの情報は、ざっくりとDQ10 ブログランキングで検索して、ランキングサイト経由で大手サイトを見ると流れがわかるかと思います。

そうそう。ブログランキングに登録してあるDQ10ブログですが有名どころはほぼアフィリエイトブログです。広告がぺたぺたと貼っていますから、閲覧は自己責任でどうぞ。広告が多いとね~それだけで読み込みに時間がかかっちゃいますよね~。

 

最近の情報では、まるすけさんがPC関連といいますか、ブログ運営のノウハウについての塾を開くとか開かないとか。岡崎から横浜に引っ越して開業するとかしないとか。

まあ人生1回きりですし、後悔がないようにしたいことをするのがいいんじゃないかな?と個人的には思うわけです。

 

ですが、まるちゃんよ。

PCインストラクターの世界はそんなに甘くはないですよおおおおお!!

 

私自身は旧MOT(マイクロソフトオフィシャルトレーナー)、現在のMCT(マイクロソフト認定トレーナー)保有者です。

就職後、仕事の関係で取得したんですけどね。更新料が必要かつ契約更新をするもしないも自由な資格なんですよ。ついでにMCTは実地経験が必要な資格かと思います。簡単に言えば、パソコン教室系への勤務経験が一定期間あることですね。

実際には旧MOTもMCT保有していないインストラクターは全国各地にたくさんいますから、何を教えるかによって必要な資格は変わってくるんじゃないかなあと思う次第です。

私の装備はMCT+アドビ認定インストラクターなんて状態ですが、中身へっぽこですからね!社内的な研修会ですら「おいおい。先生しっかりしろよ~。」と言われるレベルのへっぽこ感。新入社員研修のたびPC研修やらマナー研修の講師を担当するものの、自分のへっぽこさに年1回ペースで凹んでいます。うん。大丈夫。まだ、泣いてない。

個人的な経験談ではMCTよりもアドビの試験が難しかった(めんどくさかった)です。

学生上がりだし教免1種持ってたから頑張れた。そんな数年前の記憶です。

 

そろそろおっぱいの話をしてもいいですか?

 

前置きが長くなりましたが、そろそろおっぱいの話をしてもいいでしょうか。

興味のある方は、ちょっとおっぱいの話を聞いていってください。

 

ここから先はおっぱいがいっぱいだから、苦手な人はここでお別れしましょうね。

また来月かな。

約1ヶ月後にお会いしましょう!

 

続きを読む

DQ10ブログがなぜ炎上したのか

そろそろWiiが壊れそう。

お前まだWiiプレーヤーだったんかーい!と言われかねないDQ10の世界。今や化石とも言われそうな現役Wiiプレーヤーでございます。正直ね、ダークキング4とかメイブ4の日に行くと、表示の限界を感じます。もうね、おっそいの。なんだろう。あれ?私いつ触手連打くらったんだろうと思いながらね、もうカンを働かせるって言うのかな?なんとなく連打されちゃった?そんな地雷100%感を出しつつ、1回打ち消したらそれでいっか~というゲームライフを満喫中しています。

前に時間つぶしでネカフェからDQ10で遊んでいた時に感動を覚えましたもん。わあ~見ている世界が違う!ってね。

 

ゲーム本編より現在進行形で盛り上がっていること

言うてもね、今は私もそんなにログインしていないんですよ。

平均ログイン時間は1週間に30分前後かな?仕事が忙しいっていう理由もあるし、なんやかんやと出張が続きまして。最近ね~出張も基本日帰りなんですよ。東京⇔九州の距離でも日帰り。移動中寝ているけれど、アラサーの体に日帰り出張続きは若干過酷。

DQ10もバージョンアップまで追加要素は少ないし、まあのんびり遊べればいいかなあ~というまったり勢と化しています。

そんなまったり勢の元にも、なんだかすごいニュースがフレ経由で飛び込んできました。

「まるちゃん、ブログ休止するんだって!」 

DQ10プレーヤーであれば、1度は読んだ事があるブログ「まんまる堂」さん。

該当ブログを読んでみると、約1年ほど前に法人化。

株式会社まんまる堂となり約1年間は「法人として」ブログ更新業務を行っていたのではないか?等の憶測も含め、絶賛炎上している模様です。

なるほどね。ざっと炎上までの流れも調べました。私もいわゆるWebメディアもコンテンツ産業も、もっといえば著作権にも関わるような仕事をしている1人です。

そしてDQ10プレーヤーとして思う事をツラツラと書いてみたいと思います。

 

まんまる堂のブログリンクについてどこか記載があるかな~と思いサイトを検索しましたが、ブログについての説明やリンクについての説明が一切ありません。まんまる堂管理者への問い合わせフォームもなく、問い合わせ先の表記もないため、ブログへの誘導リンクのみ掲載します。

(※アフィリエイトを含むサイトなので閲覧は自己責任でお願いします。)

 

manmarudo.jp

 

そもそも何が問題なの?

今回の騒動を簡単にまとめると、大手ブロガーのまるすけさんが約1年前に法人化。

簡単に言うとDQ10を利用して商売しても良いか」って話題が炎上中という流れです。

もちろんまるすけさんがDQ10の開発に携わったのではなく、あくまで1プレーヤー。

ですから、DQ10内で使われている画像やキャラクターをモチーフとして2次創作したイラスト類を「商売として法人が無断でゲームキャラクターを利用するのは可か否か」という点に注目します。

 

商売して良いんだったら波に乗りたいですよおおおおおお!

※もちろんライセンス契約なしで無断で商売してはダメ絶対!

ゲーム内の守るべきルールが規約だとすると、日本で生活する上で守るべきは法律と思います。

ことわざに「人の褌で相撲を取る」という言葉があります。他人のものを使ったり便乗して利益を得ることを指す言葉ですね。

 

もしですよ?まんまる堂さんがスクエアエニックス社とライセンス契約等を結ばずキャラクター画像等を無断で使用して法人として利益を得ていたとします。ここまでが仮定。無断使用で法人利用OKとなると、まさに人の褌で相撲を取りたい人がいっぱい登場すると思います。

私も無断商用使用OKだったら乗るしかないこのビッグウェーブに!!って思います。

でもね。実際には「やってはいけないこと」ですよね。私もアラサー。いい年齢になった大人です。商売人として「やっていいこと」「悪いこと」の違いはわかります。

 

サイト運営者としての線引きは?

個人的にものすごく気になった点もありまして。

まずは当記事でも書きましたが問い合わせフォーム等がない!

うーん。運営サイト上から問い合わせが出来ません。これ、地味に困るポイントですね。まるすけさんのTwitterアカウントは記載されているので、何かあればTwitterで問い合わせるしか方法がないのでしょうか?

個人の趣味ブログであれば、問い合わせフォームの設置は管理者次第かと思います。

まんまる堂さんは、自身がブログ記事に更新されているとおり、法人としてブログを更新している点が趣味ブログとは異なりますね。ということで、問い合わせ窓口を掲載して欲しかったなあと思います。

 

次に気になったのは、サイト内にあるコピーライト=著作権者の記載について。 

【Copyright© まんまる堂 ドラクエ10 All Rights Reserved.】

あ、これはダメだ。

ダメじゃないかもだけど、まんまる堂さんがドラクエ10に関する全ての著作権のアレコレがあるとは思えない。

同人サイト全盛期でも、同人サイトの作り方を解説しているHPで著作権についての書き方講座」みたいなHPがたくさんありました。

そこで「コピーライトの正しい書き方は~」「海外勢に向けた無断転載禁止を促す文章は~」等、サイト作成に関するアレコレが今でもレクチャーされています。

少し検索すれば、問題解決に繋がることがたくさんあります。

それを行わないサイト管理者はいかがなものかと思ってしまうんですよね。

 

キャラクターを無断で使って商売してはダメ

Wii初日組。DQ10のアレコレを見てきまして。なんだろうな~。なんて言うのかな~。

KANKAKUの問題ですが、いわゆる「二次創作物の同人ルール」とは別な「MY二次創作ルール」を掲げている人が多いなあと感じちゃいまして。

自身や友人が使っているアバターキャラからインスパイアしてLINEスタンプを販売していたり、アバターキャラのイラストを有料で描いてあげます!とかね。

長年同人界隈で陰を潜めて生きていた身としては、純粋に「すごーい!君はこわいものがないフレンズだね!」と思うんですよ。私だったら怖くて真似できない。ファンアートの限度を超えている。まさにこれが【超えちゃ行けないライン】と思うんです。

多分他ジャンルで二次創作のアレコレを経験したことがあると「おいおい。ちょーっとやりすぎじゃない?」と思うアレコレがたくさん転がっています。

ファンアートを超えて有料LINEスタンプを見た時は驚きましたよね。あれ?これセーフ??やっちゃっていいの??みたいなKANKAKU。

 

ブロガーが盛り上げているから広告効果があるという謎理論

いえね、本当に謎なんですよ。いつ頃だったかな~。DQ10ブロガーがいるからスクエアエニックス社へ広告効果があるという謎理論を見かけまして。

いやいや、ないわ~。ていうか、どれだけ自信満々?!とも思いましたよね。

 

確かにDQXTVに制作陣が出演した際にも「今回発表された内容は、どこかのまとめサイトが早くまとめてくれるでしょう」なんて爆弾発言もありました。

もっと遡ると、過去にはDQX制作陣がブロガーが集まるオフ会に参加。その様子を写真付で女性ブロガー含む数名が更新し、プチ炎上した過去もあります。

プレーヤーと制作スタッフの距離感が近いという問題点も、もちろんあります。

ですが、今回の問題は、それはそれこれはこれ。

ブロガーが盛り上げている云々理論があり酔狂的な信者と呼ばれる人がいるのであれば、こんなプレーヤーも出てくるのでしょうか。

「まんまる堂が潰れたら、DQ10を引退します」と。

 

気になるのは運営の対応

話題がいったりきたりしていますが、個人的に気になる事はDQ10運営が今後どのような対応を行うか」という点です。

今回の件も、DQ10運営とまんまる堂さんがライセンス契約等を結んでいれば問題はないでしょう。ですが、無断でキャラクターを利用して収益を上げていたとすると?

 

今回の件と関係があるかどうかは判りかねますが。今後リリース予定のドラゴンクエストライバルズ』の公式サイトには、動画・生配信・画像投稿に関するガイドラインが既に公開されています。

www.dragonquest.jp

上記公式サイトに掲載中のガイドラインを一部引用しますと、

株式会社スクウェア・エニックス(以下「弊社」といいます)の提供する『ドラゴンクエストライバルズ』のプレイ動画(ゲーム内BGMを含み、「プレイ動画」といいます)の投稿、生放送配信、および画像投稿は、個人使用の目的に限り、以下に定めるガイドラインに従いご利用いただけます。 

 「個人使用の目的に限り」の文言がありますね。つまり、法人=商売に使ってはいけませんよという線引きがされています。

これを破れば「ルール違反」ですから、ルールを守って楽しく遊びましょうねというガイドラインになります。

 

 

f:id:shiorin30:20170525173200p:plain

※掲載画像は一部独自処理を行っております。

DQ10運営と個人プレーヤーが親密な関係になっても、スクウェア・エニックス社的には知らぬ存ぜぬ。当然といえば、当然なのかな。

 

何が皮肉かと言えば、DQ10本編はスッカスカなのに。

ゲーム制作と無関係な点で炎上しているということ。

 

運営の対応も「当たり前」の一言で片付く問題ですが、燃え上がってしまったDQ10界隈でのアレコレ。

DQ10運営がどのように今回の騒動を終息させるのか、それとも黙り込みをきめてなかったことにしてしまうのか。今後の動向か気になる次第です。